カテゴリ:旅( 56 )
箱根・芦ノ湖・彫刻の森
d0140034_21529100.jpg
d0140034_2153157.jpg
d0140034_2153343.jpg
d0140034_2153756.jpg
d0140034_215397.jpg
d0140034_2154315.jpg
d0140034_2154596.jpg
d0140034_2154913.jpg
d0140034_2155216.jpg
d0140034_2155784.jpg
d0140034_216217.jpg
d0140034_216449.jpg
d0140034_21667.jpg

秋に連休が何度も続いたころ、
あまりに連休続きなので、
これは連休を何かに使わないと勿体ない気がして
思い立って箱根に行ってきた。

直前だったけれどなんとか芦ノ湖畔の山のホテルの予約が取れたら
これがとっても良かった。

チョコレートみたいな屋根をした山のホテル。
クラシックホテルとしての建物なんかの魅力は
富士屋ホテルには劣るものの、こちらはこちらの良さと魅力がありました。

湖って、波の立たない水辺って、
こんなに気持ちを落ち着かせてくれるものなのですね。
ぼやーっとずっと窓の外を眺めてられた。


箱根はまだまだ行ってみたい施設がいっぱいで
次も、その次も来なくちゃって思う。
充実した、秋の、ある連休でした。

子どものころぶりに乗ったボートも楽しかった!
[PR]
by cheechotchat | 2011-11-12 02:26 |
愉快な仲間と美味しい京都旅
d0140034_995428.jpg

神戸時代の友人たち
(イラストレーターアラカワニコ、イラストレーターハセガワアヤ、神戸の宝(名古屋へ)かよりん、
&ニコさんとこの殿下)で
念願のアルザスで食事をしてきました。

関西に居た時もなかなか簡単には行けなくて
(京都だし人気で事前予約も必要だし何より一皿の量がフランス並みに多いので
最低4人以上じゃないと楽しめない!)
本当に願い叶ってようやく久々に訪れることが出来ました。

しかも今回は皆でホテルお泊り会付♡
と、いいつつも、お泊り会を一番に楽しみにしていた私が
(本当に。前夜の興奮ぶりったら)
それまでの仕事疲れとお酒をがぶがぶ飲んだのとで
ホテルに帰り着いた途端ベッドから体半分はみ出してお腹出して
寝ちゃってたなんて笑うしかない。
あー、あの夜を返して―!
(それか!冬くらいにも!第2回切望!うああん!)


今回は京都に1泊ということだったのでアルザス以外の時間を
全て、神戸の宝(名古屋へ)かよりん(青春時代は京都で過ごした)、に
ナビゲートいただいて過ごしました。

まずは待ち合わせ、千本出水のバス停、
で古いお家でドイツパンを出す「はちはち」へ。

d0140034_9101129.jpg
d0140034_9101049.jpg


ほっと一息入れるとともに様々なパンをスライスしたものに
おかずをトッピングしたランチをいただく。
ほの暗いお家とのびのび植物の茂る中庭の組み合わせが、
さっきまで肌にまとわりついていた熱気と湿気から
私たちをみるみるうちに解放してくれます。

ここで買って帰ったコリアンダーの食パンがとにかく絶品。

d0140034_9102022.jpg

北野白梅まで歩いて七味唐辛子のお店、長文屋へ。
美女(かよりん)がいるからお店のご主人も丁寧に説明してくれます。
いくつか味見をさせてもらって(めくるめく辛さが美味しい!)
私は「中辛・山椒多いめ」と「大辛」を購入。

d0140034_9102224.jpg
d0140034_9102437.jpg

あっという間に16時一旦ホテルへチェックインして
にこさん&殿下と合流。
なかなか素敵なホテル。
最近京都って気軽でお洒落なホテルが増えていて嬉しい。
お洒落なホテルが好きと公言する乙女男子の殿下も気に入っていた模様。

そのままタクシーで一乗寺へ。

d0140034_9104012.jpg

夢にまで見た、ア・ル・ザ・ス!
つい歓喜の声がもれてしまう。

d0140034_9104316.jpg

d0140034_9105435.jpg

ゆで卵に自家製のマヨネーズ、こんなにシンプルなのになんで
こんなに美味しいんだろう・・・
ポロ葱のサラダもいくらでも食べられます。

d0140034_9122181.jpg

20席ほどの店内を、
調理、サーブ、すべてこの店主さんが行います。
どぁーって調理してサーブして、
そんでお皿を下げる合間なんか時折
皆が楽しそうに美味しそうにしているのをにやにや見ている
彼が私は大好きです。

d0140034_9105795.jpg

これもここに来たら必ず頼む、迫力満点のシュークルート。

d0140034_910593.jpg
d0140034_911888.jpg

d0140034_9182391.jpg

お酒も存分に飲んでとても楽しい夜でした。

d0140034_9184839.jpg

〆のアイス。皆で分ける。

で、前述の通り、気づいたら午前4時、
小鳥の声で目覚める。

結局終わらなかった仕事を進めて
それも無事形になったので
檜のお風呂で朝風呂、満喫!

d0140034_9102734.jpg
d0140034_9103240.jpg
d0140034_9103436.jpg

またバスルームもお洒落です。

朝お茶やコーヒーをホテルで飲んで
少しぺちゃくちゃ喋ってにこさん一行とはそこでお別れ、
かよりんとふたりでエフィッシュで軽い昼食を取ったのち
美女とゆく京都ツアー後編。

d0140034_9123912.jpg

かよりんが好きという出町柳のezu blueと北大路のブラウニーで
パンを買いこみ
途中休憩に韓国茶を李青でいただく。

d0140034_9125766.jpg
d0140034_913241.jpg

相席のおばさまおじさまに声を掛けていただき
miss millce margaretの麦わらのカチューシャを
(前日女子チームにも好評だった!)
ほめてもらったりしつつ
韓国刺繍の図録なんかもながめつつ涼を取りました。

ここの女性店主が背筋がしゅっと伸びて肌もきれいで
すごーーーく素敵だったなあ。

予約を取ってくれていた夕食まであともう少し時間があったので
恵文社で時間をつぶし

d0140034_9131847.jpg

美味しい京都旅、
その締めくくりにふさわしい円町のil piatto。
7席のみ、オープンエア、小さなトラットリア。
[PR]
by cheechotchat | 2011-08-23 00:03 |
戻ってきました
d0140034_12171330.jpg

パリより戻ってきました。
昨日早速現像した写真たちから
取り急ぎの数枚です。

d0140034_12173188.jpg
d0140034_12174055.jpg
d0140034_1218161.jpg
d0140034_1218497.jpg
d0140034_12184062.jpg
d0140034_12175112.jpg
d0140034_1218893.jpg
d0140034_12382495.jpg
d0140034_1228573.jpg
d0140034_1228718.jpg
d0140034_1217378.jpg
d0140034_1218146.jpg
d0140034_12181197.jpg

[PR]
by cheechotchat | 2011-01-30 12:31 |
パリにて/2日目
d0140034_320369.jpg
d0140034_3232316.jpg
d0140034_3224650.jpg
d0140034_323387.jpg

こんばんは、こちらは夜の7時半、
そちらは夜中の3時半ですよね?

パリ2日めの夜です。
毎日とても充実しています。
そして、私、実はパリ、侮ってました。
すげーや、
めちゃめちゃ刺激をもらってインプットの毎日です。


あ、もうそろそろ晩御飯に連れて行ってもらうので
出ますね。

(とりあえずtwitterにはちょこちょこ旅の様子をそのつど報告してます)

また!
[PR]
by cheechotchat | 2011-01-24 03:26 |
旅の話 番外編 飛行機にて
d0140034_2326297.jpg

旅の話、番外編。
飛行機にて。

今回私たちはエアフランスでシャルルドゴール経由の
カサブランカ行きのチケットを購入しました。

d0140034_2326257.jpg

なんだかんだこの画面モードが一番好き。
このちょっと古っぽいタッチがいいんだよね。
(帰りの飛行機ではAYANAさんと席が分かれたので
映画でトイストーリー3を観ました→暗闇で号泣)

d0140034_23263252.jpg

アヤナさん、空港で買ったらしき折り紙を折り始める。
(このあと、旅の間中折ってはそこここに置いていっていた、
そんなアヤナさんが本当に素敵だし誇らしい(折り紙って日本のモノだものね?))

d0140034_23263950.jpg
d0140034_23264139.jpg

その隣で私はスナックを並べて遊ぶ。

d0140034_23264541.jpg
d0140034_23264736.jpg

次に目をつけたのが機内チャット。
実は機内でチャットルームを作ってチャットできるらしい。
(同行人と席が離れちゃったときなんか便利そうです)

隣同士で意味のないチャット。
機内沢山の人がいたけれどチャット使用は最後まで2人のみに留まりました。

d0140034_23265883.jpg

さて、乗り換えのシャルルドゴール。
前回利用したのとは別の第2ターミナルだったのですが
第1ターミナルより新しい分、近代的な建物、モダンでお洒落です。

d0140034_2327191.jpg
d0140034_2327326.jpg

(第1ターミナルと違ってWIFIもお金を払えば利用できるようでした)

d0140034_2327593.jpg

エリア内にはラデュレの出張ショップも。
関係ないけど猫のパッケージが素敵なラングドシャが
売っていたので買っちゃいました。

d0140034_2327930.jpg

お土産コーナーにて。
これすごい好き。
マシュマロ人形。

d0140034_14572710.jpg

4時間ほどの乗り継ぎ待ち、一瞬パリの街まで出ちゃおうかなーと
思っていたほどでしたが雑誌を物色していたら意外とあっという間。
荷物のことを考えてごく抑え目にしましたが
日本にいるときから気になっていたDoolittle magazineと、
エディトリアルがとっても好みなMuteen(1.5€!)を購入、ほくほく♡

d0140034_23271694.jpg
d0140034_2327305.jpg

シャルルドゴールでの夕暮れも、帰りのカサブランカからパリに向かう空の上で太陽が傾いていく様子も
本当に美しかったです。


さて、最後に機内食。

東京→パリ

d0140034_23273957.jpg

ビーフシチューとシーフードサラダ
(さり気なくお酒が立ち並んでいるね、、
そういえばワインを頼んだら赤も白ももってけドロボー的に押し付けられたんだった)

d0140034_2328021.jpg

チキンパテ

パリ→カサブランカ

d0140034_23273715.jpg

良く分からないエスニックな和え物
(このとき眠気と乗り物酔いが合わさってほとんど手を付けなかった)


パリ→東京
d0140034_2330428.jpg

ちょっとちゃんと覚えてないけど魚だったかな?
小さなパスタのサラダと。
デザートは甘ーいジャムの入ったフォンダンショコラ。

d0140034_23283551.jpg

ハム、サラミ、チーズ。
手前のパンに自分で切り込んでサンドイッチにして食べたなあ。

d0140034_23311842.jpg

すいかバー的な形の三角のハーゲンダッツ。
この夜食のアイスクリームやカップヌードル、
ついつい食べたくなるんだよね。
帰りは両方いただいちゃいました。
[PR]
by cheechotchat | 2010-12-17 15:20 |
旅の話 リヤドその4
d0140034_1681967.jpg

さて4件目、これが最後のリヤド、
こちらに最終日含め2泊させてもらいました。

ここも決して大きかったり豪勢だったりはしないけれど
シックでセンスよくまとまっていて素敵でした。
ムッシュとその息子さん?雇われの青年?も親切でとてもかんじがよかった。
またここに泊まりたい!と思う宿でした。
(ただしかなり入り組んだ場所にあるので毎度宿に帰るために
迷いそうになるのと、あと道端で遊んでいる少年たちが着いてきて
お金をせびられるのが少し、難と言えば難なんだけど・・・?笑)

d0140034_16132085.jpg

ドアを潜るとそのまま上にのぼる階段が、
突き当たりのフロントにムッシュがいます。

d0140034_16134570.jpg

オレンジの木ではないけれど植物が4本・・・?
真ん中には噴水。

わりと伝統に沿った中庭のつくりです。

d0140034_1614165.jpg

宿に着くとミントティと茶菓子を用意してくれました。
疲れた体にこの甘さが沁みます。

d0140034_1614487.jpg

さらに中庭を突っ切った奥には
居間とダイニングがわりの小部屋が、
朝食は皆ここで頂きます。

d0140034_1616143.jpg
d0140034_1616244.jpg

この宿は2泊したのと、あと大阪からやってきたという日本人のカップル、
彼らがとっても英語が堪能だったので朝食のときにも
他の宿泊客の皆と話し、交流することができました。
(とはいえ私たちはやっぱりカタコト)

そうそう、その日本人カップルが言うに、
モロッコに来るにはパリのオルリー空港からだとマラケシュに直接飛行機で来れる上に
航空券も数千円だそう!
そーだったんだー羨ましく思ったものの
じゃあフランスに来たときにまた気軽にモロッコに来れるんだなあと
頼もしくも思いました。

d0140034_16141259.jpg

ツインのベッド。とあやなさんの折り紙コレクション、笑

d0140034_16141967.jpg

片方のベッドにはちょうどよい高さに小窓が開いています。
物思い耽るのにぴったりです。

d0140034_16175844.jpg

その小窓から見える景色。

d0140034_16153127.jpg

とその小窓から覗かれる部屋の内部。

d0140034_16151160.jpg
d0140034_16151248.jpg
d0140034_16151533.jpg

ここも屋上のテラスがちゃんと。
(ただ雨の日が多かったのでほとんどここでは過ごせず)

d0140034_1615373.jpg

渡り廊下の手すりに配されたサボテンにセンスの良さを感じます。

d0140034_16154473.jpg

柄のレイヤードに見飽きることがありません。


///旅の記録続きはこちら///

[PR]
by cheechotchat | 2010-12-15 23:14 |
旅の話 街で見かけたもの・モロッコらしい美しいもの編
d0140034_5473823.jpg
d0140034_5475931.jpg
d0140034_548179.jpg
d0140034_548334.jpg
d0140034_548532.jpg
d0140034_5481049.jpg
d0140034_5481210.jpg
d0140034_5473685.jpg
d0140034_5473913.jpg
d0140034_5482220.jpg


ONCF マラケシュ駅

d0140034_5482714.jpg
d0140034_5482812.jpg


カサブランカ駅

d0140034_548302.jpg


モダニズム的集合住宅・ホテルやビルもやっぱり気になる。

d0140034_5483326.jpg
d0140034_5483594.jpg
d0140034_5495840.jpg

[PR]
by cheechotchat | 2010-11-11 05:59 |
旅の話 街で見かけたもの・へなちょこ編
他にも気になったものがあったのだけど
撮りそびれたものも多くあるのでこれはほんの一部。

d0140034_5153875.jpg
d0140034_5153965.jpg

へんな看板

d0140034_5312335.jpg

看板の上にくす玉?折り紙?

d0140034_5154837.jpg

サボテンに記念刻印

d0140034_515516.jpg
d0140034_5155458.jpg

アイスの看板は旅に出るたびに撮って集めたいと思っている。
(これもいくつも撮りそびれたなあ)

気になったタイポグラフィ
d0140034_516462.jpg
d0140034_516668.jpg
d0140034_527216.jpg

モロッコの猫

d0140034_5161877.jpg
d0140034_5161410.jpg
d0140034_5161647.jpg

[PR]
by cheechotchat | 2010-11-11 05:25 |
旅の話 モロッコの食事
d0140034_1581215.jpg

さて、お次は食事について。

モロッコの食事ってどうだった?美味しかった?
と旅の感想とともに聞かれることがやっぱり多いのですが
そのとき答えるのは
「タジンで料理されたお肉類はハズレなく美味しかった!野菜はあんまりかなあ」

d0140034_1582114.jpg

はじめて自分たちで選んで食事を取ったのが
2日目、マラケシュに着いて初めての夜に入った
スポーツバー?カフェ?

モロッコに行くというのでいくつかお勧めをしてもらって
その中でも一番良さそうだった
「Le Tobsil」というお店、これが探せど探せど見つからなくて。
事前に調べてグーグルマップにしるしを付けて来たんだけど、きっとそれが
間違っていたのかな?
結局じゃあと近場で他に候補に挙がっていたお店、と
入ってみるも7時半を過ぎるともうドリンクのみの食事ストップだったり(早い!)。

そういうわけで結局、11月16日広場にあったショッピングモールの下で
お客さんもそこそこ入ったお店で夕食を取る事に。

ここはねー、あんまりだったかなー。
同行のあやなさんは子羊とプルーンのタジンを気に入っていたようで
うん、それは確かに美味しかったけれど、ベジタリアンのクスクスと
サラダは好みの味ではありませんでした。

なんだろー、ちょっと自分にとっては苦手なスパイスがあるみたい。
それが何なのか未だに解明できていないんだけど。

(あとあやなさんの結論は「モロッコの野菜はすべて火が通り過ぎている!」ということ
サラダもふにゃふにゃー。まあ水の少ない土地ですし野菜を育てる、
新鮮なものを維持するのは、なかなか簡単ではないのかもしれません)

d0140034_1636128.jpg
d0140034_1513669.jpg
d0140034_1584560.jpg

で、お次はこれはツアーで行ったワルザザートの
わりと評判の良いレストランで。

前日の夜、自分とモロッコの食事は合っていないのかなーなんて
しょんぼりしていたのだけれどこのハリラ(羊肉と野菜、豆などに
ハーブやパプリカなどのスパイスを入れて作ったトマトベースのスープ)を
一口、くちにしてみたところ、美味しい!

美味しい、美味しいと一気に平らげてしまいました。
そのあとに出てきたメイン、私が選んだのはシトロンと骨付きチキンのタジンで
これも美味しかった~~!
レモンはしっかり甘酸っぱくてお肉やじゃが芋はしょっぱくて。
昨日のプルーンと羊肉しかり
絶妙なんだなー

あ、食後のデザートは甘ーい茶菓子。
揚げ餃子のような見た目に砂糖たっぷりであろうアーモンドペーストが
ぎっしり詰まっています。

これと、これまた甘いミントティを合わせて飲むのかしら。
暑い土地とは言えすごいなあ。

d0140034_16371044.jpg

(眺めもすばらしいレストランでした)


その夜はホテルのビュッフェ。

この時点でもう肉を選べばとりあえず間違いない、
ということで日本でいる自分ならありえないくらい肉ばかりチョイスしました。
魚のフライも美味しくてそれもおかわり。

d0140034_1594086.jpg
d0140034_16563767.jpg

(おこぼれを期待してテーブルの下で待機しているコたち)


次の日は観光名所であるAit Ben Haddouを
見学した後だったのでその傍にあるレストラン。
ここもツアー会社が用意してくれたお店。

d0140034_171831.jpg

昨日のレストラン同様大勢のヨーロッパからの観光客で賑っていました。

d0140034_15125944.jpg

(こうやってタジンを持ってきて開けてくれる瞬間って何度でもわくわくする)

d0140034_15907.jpg

このお店ではメニューは私たちの分はあらかじめ決められていて
いつも出てくるしんなりしたサラダ(きゅうり、トマト、瓜など)、
ケフタて言っていいのかな?タジンで調理された卵焼き、
あとジャガイモやパプリカ、豆の乗った羊肉のタジン。
タジンで調理された羊肉はどれを食べてもいつもとろとろに柔らかい。

d0140034_1729337.jpg

デザートの、オレンジの薄切りにシナモンパウダーをかけたものが
なんでもないんだけど美味しかった。


さて、マラケシュに帰ってきて2度目の夕食。
この日取ったリヤドがフナ広場に近かったのですが
リヤドのムッシュに近場で美味しいものを聞いたら
「屋台の147番がクスクスもタジンも美味しいよ」と教えてくれたので
そこへ向かいました。

d0140034_1591189.jpg
d0140034_159189.jpg
d0140034_1592062.jpg

これが当たり!

この日はとなりのお客さんたちが食べていた美味しそうなものをまず、
そのままお店の人にお願いしました。

ポテトフライと、ジャガイモ餅みたいな揚げ物、
オリーブにトマトソースが掛かったもの、ビーツと瓜が盛られたもの。
・・・おつまみセット?
よっぽどビールが飲みたくなりましたが・・・(モロッコはイスラム圏なのでお酒がない)

それにチキンのクスクスを頼んだはずが
チキンのタジンが出てきた。
ので、それを。

どれも美味しくてお腹一杯で、大きいコーラも合わせて
ふたりで90DHほど。
こんなに安くて美味しいなら毎日屋台でいいじゃないって思いました。

(→次の日も、おなじ147番の屋台へ。
その日はクスクスと魚のフライを食べました)


d0140034_1592599.jpg
d0140034_1592985.jpg
d0140034_1593188.jpg

そしt次の日は1日マラケシュを歩き回った日。

午前中マジョレル庭園を見てきたので同じ通り沿いにある
お勧めしてもらっていたAl Fussaに行きました。

ここはガイドにも良く載っているし有名なお店なんだと思います。

ここね、すごぉーーーーく美味しかった!
同行のあやなさんも、
もう満腹だけどそれでも食べたいーーーって
苦しい幸せを感じているようでした。

あやなさんがハリラ、私はビール、
(あ、そういえばこのお店はアルコールがありました)
鶏肉とオニオン、レーズンのクスクス2人前、頼んだのですが、
これが日本人にしたらかなりの量!!
ていうかこの1人前って日本人の2人前くらいあるんじゃないかしら。

ハリラは壷いっぱいに入っていてお店の人がついでくれました。
クスクスは、上品に味付けされてレーズンが混ざったクスクスに
黄色くなるまで調理された玉葱、その上にドドーンと骨付き肉×2。
この組み合わせがもういくらでも食べたくなる美味しさでした。

d0140034_1593288.jpg

(見て!メニューが開くとタジンヌ!)

あ、ちなみに美味しかったのだけど、このお店は
(私個人は)少し微妙な気分での食事となりました。

お店に入ってまず、予約をしているか聞かれて、
していない、と答えると、ライトもろくに付いていない入り口脇の席へ。
予約をしている人は中庭も見える、採光も良く雰囲気のある
奥の席に通してもらえるようでした。

私たち以外にすでに入っているベビーカーを持った家族連れが同じような
入り口間際の席で食事を始めていたのでしぶしぶ私たちもその席へ。

そこから何組かのお客さんが入ってきたけれど
それぞれ交渉して少しだけ良い席に移っていました。
(とはいえ奥には入れてくれないんだけど)

以前知人から、
パリでフランス語が話せない日本人がお店の入ってすぐの良くない席に
案内されてフランス人は奥に、なんて話を聞いていたので
(その話を聞かせてくれた人は結局ちゃんとフランス語で抗議して奥に通してもらったそうなのですが)
そういうのも思い出しちゃって、いい気分がしないっちゃ、しなかったです。

心が狭い?
えー、でも、さ。
なーんかやっぱり惨めな気持ちになっちゃう。
(たぶんあやなさんは気にしていなかっただろうけど)

私も交渉してみればよかったなーと思いました。

なので、ここのお店に訪れようと思った人はぜひぜひ予約をお勧めします!
ボリュームもあってとっても美味しいお店なので!


レストランでの食事はこんなものでしょうか。
あとは番外編。

街で見つけたパティスリーやブランジェリー。

d0140034_1594838.jpg

このお店は通る旅に内装が可愛くて気になっていたので
写真を撮らせてもらうかわりにパンオレザンをひとつ購入して
最後の日の列車でのお昼ご飯にしました。

d0140034_15122257.jpg
d0140034_15115835.jpg

分かりにくいけど奥の白いものが、お花や植物を象ったラックになっていて
そこにお菓子が乗っているの。


はー、長くなりましたが、以上が今回の旅の食事です。
[PR]
by cheechotchat | 2010-11-10 15:58 |
旅の話 ショッピング
d0140034_18485132.jpg

ちょっと建物の話ばかりが続いたので
小休止、最後の宿の話は脇に置いておいて
違う話をしたいと思います。

今回の戦利品、買ったものと
モロッコでのお買い物について。

d0140034_9284586.jpg

ジャン、
これが今回の買ったものすべてです。
自分用は...控えた(つもり)。

マラケシュのスークと、ショッピングセンターと、イヴサンローランのブティック(マジョレル庭園内)、
あとは空港、くらいかな、買い物をしたのは。
あ、絵葉書は随時。

女の子の友達にはこれと、これ。
d0140034_19202718.jpg
d0140034_19202833.jpg

この星型のタッセルは何かで見て狙っていたのです。
実際女の子たちに評判が良い。
ちょっと多いかなーくらいに買ったけれど足りないほどだったのでよかったです。

下はローズの石鹸、いいにおい。
いくつかある中からわざと色あせたものを選んできてしまった、
中央のバラのプリントが愛らしい。
(もしかしてこの花型ものもはもう廃盤なのかも?新しいのをだしてくれたやつは
石鹸自体が四角い形でした)

d0140034_19203268.jpg
d0140034_19352832.jpg

あと、自分にはこのあたり。
上はマラケシュに来てすぐ下見に入った伝統工芸館で一目ぼれ。
スモーキーな水色、えんじ、光沢のあるパープル、オレンジ、雲のような灰色、
好きな色ばかりの組み合わせとコロンとした形にノックアウトです。
下のマルシェバッグも同じくらいお気に入り。
いくつかの布をパッチワークして籠を覆っているのですが
とくにサイドの絶妙な色合いの織りに金色の糸が刺されている部分が
何度見てもうっとりしてしまいます。

d0140034_1921295.jpg

あとは番外編でZARA HOME。
日本にもあるZARAのインテリアショップがあったので
つい覗いてしまい、つい買い物してしまいました。

だってカタツムリ!
刺繍がかわいい子供用のハンガーは姪っ子と分け合うつもりで。


あ、ちなみにスークで買った大量のバブーシュ。
これは家族や親戚用に買って帰ってきたのですが
(妹からリクエストがあったので)
これがね、というか革製品全般、要注意ー!

先の記事でも書きましたがモロッコの革は
はっきり言って臭い!です。
向こうでは気にならなかったものも、湿度の高い日本に持ち帰ると、強さ倍増。
とはいえ、風通しの良い日陰で根気強く干して、あとは
気にせずガンガン履くと、自然ににおいは消えていくそうですよ。

ただ、すぐにお土産渡したい!とかいう場合には
やっぱり向かないかもなので
そのあたりだけ気をつけたい点かな。

d0140034_8573567.jpg

(この糸を編んだ玉が並んでいるタイプとスパンコールが飾られているタイプ(もっと凝ったものは除く)
は比較的値段がお手ごろなタイプです。その家族ごとに色あわせを考えるのが楽しい)


さてさてお土産の大部分を買ったスーク。
マラケシュはフナ広場の北側に迷路のように延び広がっています。
いいなーと思った店も後で寄ろうと思ったら見つけられない!なんてことも。

d0140034_18491920.jpg
d0140034_18494699.jpg
d0140034_1953725.jpg

この大きなスークは
絨毯のスーク、革職人のスーク、布地のスーク、銅・真鍮製品のスーク、スパイスのスークなどと
種類ごとに集まってお店が並んでいます。

個人的に自分が買い物をしてオススメだったのは
タッセルのお店、Menara La Passementerie、
ここはたまたま実は新潮社の「旅」に載っていたお店だったのですが
(ジャポネだとわかると雑誌を見せてくれた)
あの星型のタッセルが私が選んだよりまだたくさん、何色もありました。
小さいタッセルから大きいタッセルまで色とりどり。

あとバブーシュはかなり奥に入った角っこにあるお店、
ここは珍しくいくつかは値札が付いていたので買い物もしやすく、
あとその場で選んだバブーシュにタッセルを付けてくれたり親切でよかったです。


そうそう、モロッコで私がそこまで買い物をしなかった理由の一つに、
モロッコのスークには商品それぞれに値段が付いていません。
そして、それらの値段をまず聞いてみたところかなり高い値段を言われます。
悪い言い方をするとふっかけられる、というところでしょうか。

モロッコではそこからじっくり値段交渉をして
商談を楽しむという買い物の仕方らしいのですが、
これがなかなか踏み出せない。

d0140034_18492860.jpg
d0140034_1849329.jpg

これは実際あやなさんがいくつかのフランキンセンスを選んでいるところ。

d0140034_1935760.jpg

噂通りモロカンウイスキー、つまりミントティーを出してくれて
それを片手に交渉。

d0140034_18493482.jpg

このお店はあやなさんについて入ったのですが
私もちゃっかり前述のローズの石鹸とローズウォーターを買いました。


というわけで商談するにはまずその商品の相場を知っておくことが吉、
ということで、スークより先に行っておくと心強いのが伝統工芸館。

d0140034_1933726.jpg
d0140034_1934016.jpg
d0140034_1934364.jpg

ここはその名の通り伝統工芸を作る様子を一部紹介したり、
その作られた工芸品を販売している施設なのですが
ここはちゃんとほとんどの商品に値段が付いています。

すごく安いわけじゃないけど、そこそこの相場らしいので
ここでまず下見をして値段をチェックしておくのがよい、とのことでしたよ。
(と、「地球の歩き方」が)


本当はフランス人オーナーがやっているような
お洒落にモロッコの伝統工芸品をアレンジしたようなものが置いてある
お店も覗きたかったのですがタイムアウト。

マジョレル庭園脇に構えていてたHéritage Berbèreの支店で見つけた
ハンドベルの形の瓶に入れて売られていた香水がとーっても素敵だったんだよなー
(ああ、やっぱり買っておけばよかった、、)
[PR]
by cheechotchat | 2010-11-09 19:47 |



イラストレーター兼spaghetti vabune! よしいちひろ の日々の記録・メモ
by cheechotchat
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
///ニュース!ニュース!///

kamiori kaoriちゃんとイメージブックを作りました

ご購入はこちらから

///リンク///

my web
http://www.atelier-tytto.net

♡my tumblr
http://chocochop.tumblr.com/
♡my twitter
http://twitter.com/chocochop

いままでのにっきはこちら
にっき2003-2004
にっき2005
にっき2006-2007

2007HAWAII日記はこちら

2009ヨーロッパ日記はこちらで緩やかに進行中。
カテゴリ
全体
お知らせ
仕事報告
仕事その他
音楽
トキmemo
お洒落
生活

雑記
イベント

from mobile
ミ・ニッキ
未分類
以前の記事
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
タグ
(25)
(20)
(17)
(11)
(5)
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧